電気代をお得に!日本全国の厳選新電力比較!まずは一括見積もり

新電力で変わる家庭の電気事情

新電力とは従来の大手電力会社とは別にある、特定規模の電気事業者、またはそれが供給する電気を指す言葉で、現在新しい電気供給の形として注目されている存在です。

 

現状は一定の電力供給を必要とする、大口の契約にのみ対応しているシステムですが、一般家庭の利用も、もうすぐに行えるというところまで迫っています。

 

電力の供給先が変わったからといって、家庭での電気の使い方が直接的に変化することはありません。

 

しかし電気の商品としての面が際立つことで、電気を安く売り多くの利用者を集めようとする動きが活発化され、従来の電力会社から新電力に乗り換えることで電気代は減少し、間接的に家計には大きなメリットがもたらされると考えられています。

 

価格の他には、安定の面で大手とよく比較されている新電力ですが、電気の供給自体は現状と同じ仕組みで行われること、万が一の際には大手のバックアップがつくことが約束されていることなどがあり、単純に安かろう悪かろうの存在とも言えません。

 

結論として新電力は名実ともに新たな電気供給の形であり、家庭が電気利用のため契約を行う先の選択肢とするのに、何ら問題のないものと考えることができます。

 

電気もその他のサービスのように、好きな方法を選んで買うということを、新電力の存在は可能にしたのです。

 

電力小売自由化の参入企業比較

新電力の普及状況はどの程度か

 

既存の大手電力会社は全国に10社しか存在しません。

 

それに対して、新電力の数は750を超えています。

 

そう聞くと、新電力のシェアのほうが圧倒的に多いと思ってしまいますが、現実には新電力のシェアは3割にも届いていません。

 

その理由としては、新電力として届け出を出した会社のうち、実際に送電活動を行っている会社が少ないことが挙げられます。

 

徐々に増えつつありますが、活動しているのは750社のうちの80社程度です。つまり、まだほとんどの新電力の会社は様子見の状態です。

 

これらの様子見の新電力が今後、事業を本格化させるかどうかが、新電力の普及の命運を握っています。

 

様子見している新電力が多い理由はいくつかあります。

 

まず、既存の電力会社との値下げ競争に勝つのが難しい、という理由があります。

 

結局のところ、電気料金というのは発電にかかるコストによって決まります。

 

既存の電力会社とは異なる発電方法を見つけ出さないと、新電力はなかなか値下げ競争に勝てないというわけです。

 

また、送電にコストがかかるのも理由のひとつです。新電力は既存の電力会社に設備を貸してもらって、送電をしています。

 

設備を借りるのにコストがかかるため、なかなか電気料金を下げることができません。

 

こういった、送電や発電のコストの問題を解決できたとき、一気に新電力が普及していくはずです。

新電力の普及状況はどの程度か

 

既存の大手電力会社は全国に10社しか存在しません。

 

それに対して、新電力の数は750を超えています。

 

そう聞くと、新電力のシェアのほうが圧倒的に多いと思ってしまいますが、現実には新電力のシェアは3割にも届いていません。

 

その理由としては、新電力として届け出を出した会社のうち、実際に送電活動を行っている会社が少ないことが挙げられます。

 

徐々に増えつつありますが、活動しているのは750社のうちの80社程度です。

 

つまり、まだほとんどの新電力の会社は様子見の状態です。

 

これらの様子見の新電力が今後、事業を本格化させるかどうかが、新電力の普及の命運を握っています。

 

様子見している新電力が多い理由はいくつかあります。

 

まず、既存の電力会社との値下げ競争に勝つのが難しい、という理由があります。

 

結局のところ、電気料金というのは発電にかかるコストによって決まります。

 

既存の電力会社とは異なる発電方法を見つけ出さないと、新電力はなかなか値下げ競争に勝てないというわけです。

 

また、送電にコストがかかるのも理由のひとつです。

 

新電力は既存の電力会社に設備を貸してもらって、送電をしています。設備を借りるのにコストがかかるため、なかなか電気料金を下げることができません。

 

こういった、送電や発電のコストの問題を解決できたとき、一気に新電力が普及していくはずです。